大学でやりたいこと見つける為に行くのは辞めたほうがいいよ


f:id:yuzen26:20150409143527j:plain

 

大学に行く理由で「将来、やりたい事をみつける為に行く」って良く言うけどその理由で行くなら絶対辞めたほうがいい。自分もその理由で入ったからよく分かる。

 

 

パターンA

・大学で学んでいく内にこの勉強って楽しいな。これを仕事にしたい!

・あの仕事がしたいな。その為にはこの資格を持ってると有利なのか。よし空き時間に勉強しよう

・大卒だけ取れればいいや。あとはサラリーマンでも構わない。

 

この場合は「将来やりたい事をみつけたい」って言って入っても成功する例です。

 

パターンB

・絵を描く仕事につきたいな

・パティシエになりたい

・福祉関係の仕事がしたい

・犬や猫に関わる仕事がいいな

 

大学に在学中にこのような夢をみつけたとき。これが怖い。

この場合、次にこの大学で学んでてもいいのかという疑問を抱くことになります。絵を描く仕事がしたいなら美大や専門などに行かなくても良いのだろうか。何かの職人になるのに大学で経済や教育を学んでいても良いのだろうか。

 

もちろん大学を卒業してからそういった道に入り直すという手もありますが、歳は1年経つと1つ増えますので初めからそういう夢を持った人と肩を並べた時に自分は出遅れてるかもしれないと不安になるかもしれません。

 

ほとんどの人がモヤモヤし始めると思います。

心のなかでは今の大学を辞めて自分の決めた夢に進みたいと思っていても、実際は大学を辞める勇気がない。もしかしたら大学を辞めてから後悔するかもしれない。夢に進んでいったけど途中で大学に戻りたくなるかもしれない。こうやって考えてると1日1日があっという間に過ぎていきます。そうすると自分だけが取り残された感じになり不安にもなります。

 

だから

絶対高校卒業までに夢を見つけることが必要だと思います。

日本は道を少し外れるだけで、普通と少し違うだけで非難されます。

それでも大学で夢が見つかってその夢を叶える為には、この大学ではダメだとなった時に辞める決断が出来て逆境を乗り越えられる人は、夢を探しに大学に行くのも1つの手だと思います。ほとんどの場合は大学で夢が見つかっても、その大学内で解決出来てしまうと思うのですが見つかった夢が専門職とかになると決断を迫られます。

 

でも高校卒業までに夢を見つけろって言われても何もわからないよね。高校生の浅くて狭い視野の中から将来の夢を見つけろ!って言われても高校生は困るよな。だから高校時代にもっと視野を広げて色々な仕事を知っておくのも大事です。スマホでもパソコンでも「職業」って検索すればたくさんでてくるし「意外と知られていない職業」って打っても出てくる。そうやっていろんな職業を知っておく事が大切です。

 

※経験者の話でした

 

13歳のハローワーク

13歳のハローワーク

 

 

広告を非表示にする