こんな事勉強して意味あんのかよ!?って言いながら学校行ってる奴は凄い


よく「こんな事勉強して意味あんの?」「こんな事覚えて将来使うの?」って学校の先生に聞いたり、机に教科書すら開かずに反抗しているような人がいる。それでも文句言いながら学校行ってる奴って僕は凄いと思う。

 

 

 

スポンサーリンク

小学生の時、科理の実験をしている時にふと思った。

「アルコールランプの使い方覚えて何になるの?」と。生活をしていてアルコールランプを使う機会なんてないし、アルコールランプの使い方を一生懸命覚えてもそれはテストの為だけ。日常生活に何の役にもたたない。評価される為だけに学ぶの?と思った。理科の先生ごめんなさい。

 

ちなみにアルコールランプは今の小学生は使わないそうですね。

それに関しては賛成でも反対でもありません。

 

でも、僕が小学校に毎日行ってた理由は学校が終わった後に友達と野球をする為と算数と図工がが好きだったから。

 

中学に入学するともっと意味がわからなくなった。

この頃、将来について考えるようになった。昔から絵を描くことが好きだったし絵を描く仕事をしたいなーっと。そして漫画家になることを決める。

 

部活で忙しくなる

入った部活が凄い厳しいところだった。年間の休みは5日ぐらいの運動系の部活。生活は朝の5時起きで部活が終わるのが6時。県ではそこそこ強い部で練習内容もとてもハードだった。ヘロヘロになって家に帰って風呂に入ってご飯食べて宿題したら気絶するように寝るという生活だった。夏は水分を取る時間もなく泡を吹いて倒れる生徒が過去にいたぐらい凄い練習量だった。身体は服来ている所以外真っ黒。暑さと水分が足りなくなって目の前がクラクラになりながら練習をしているときに、自分はゆとり世代じゃなかったっけ・・・と思った。

 

こんな生活が始まって1年経った時に「漫画家になりたいのに何で太陽の下で走り回っているのだろうか」と思った。学校の勉強をした所で絵が上手くなるわけでもないし部活で身体が真っ黒になっても絵は上手くならない。

 

僕は学校を行くことを辞めた。

学校に行かずに家でずっと絵を描いていた。美術の授業の時だけ行ってた日はあったけど。周りから冷たい目で見られるし近所の人も最近学校の制服を着ている僕を見なくなって不思議に思っていたと思う。幸い、クラスの目は温かかった。温かいというより希少種の僕を殺さないようにしてくれていただけかもしれない。

そして色々な人になぜ行かないのかと聞かれる度に説明して「学校に行って勉強しても意味ないじゃん!」って言っても、それでも行くのが普通だと色々な人に言われて僕は驚いた。

 

カウンセリングに連れて行かれる。

最初はイジメられているのではないかとか色々聞かれた。元々人間関係は悩む方だったからイジメられている訳ではないけど、嫌いな奴と仲良くするのは絶対に出来ないから拒絶していたかもしれない。でも話す奴もいたけど心の底から友達だったと言えるかと聞かれたら分からないし、でも年賀状を交換するぐらいだったけど孤独だったような気もするし何が何か良くわからなかった。だから何というか上手く説明できずに「イジメられていない」としか言えなかった気がする。

 

そしてカウンセラーの先生にも、もちろんなぜ学校に行かないのかと聞かれ、「将来は漫画家になる。だから学校に行っても意味がない。学校で勉強している時間と部活の時間を絵の練習に使えば上達する」と中学生の僕は一生懸命話した。それを聞くとカウンセラーの先生が「でも国語の勉強は必要じゃない?漫画で難しい言葉を使いたかったり説明をするときに国語を勉強していると読者に伝える手段が増える」みたいな事を言われた。これにも僕は驚いた。そういった考えもあるのかという事とそうは思えない自分がゴチャゴチャした。多分それは認めたくなかったのかもしれない。

 

それから塾に通い始める。と言っても上のような事があったからという訳ではなく高校に進学するためだった。中学に行かず絵を描くようになってから「漫画家になるのって難しくないか・・・」と気づいた。基本考えてから動くようなタイプだと自分では思っているが、この時は動いてから考えるタイプのようだった。一応高校に進学しておいて漫画家を目指して絵を描けばいいかと思った。

 

それから高校に入学して無事卒業し大学に進学した。高校時代に漫画家を諦め、将来の夢を探す日々になった。何も夢がないまま大学に進学したがやはり漫画家の夢が諦めきれず漫画を描いて出版社に送ることにした。中途半端に辞めるのではなくちゃんと漫画を描いて送って出版社の人に評価されてから辞めようと思ったから。何作か描いた。そしてキッパリと漫画家の夢を諦めた。

 

そして今は新たな夢に向かっています。

中学行かなかったけど後悔はしてません。

卒業アルバムもいらないって言ったから家にないけど。

 

何が言いたかったかと言うと、文句を言いながらも疑問を持ちながらでも学校に行ってる奴は凄い!ってこと。そういう人が普通だって皆言うけど僕はそうは思わない。文句言いながらも学校に行って「意味ねーじゃん」「将来使いませ~ん」って言っている不良は素晴らしい不良だよ。でも「俺には意味があるんだよ」「私は将来使う予定なんだよ」って思ってる学生さんもいるので迷惑をかけないように。

 

小中高・不登校生の居場所探し 2015~2016年版 (全国フリースクールガイド)

小中高・不登校生の居場所探し 2015~2016年版 (全国フリースクールガイド)

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする