ワンダーフリックのサービス終了メールが来てたので思い出を


ワンダーフリックRを知ったのがジャンプだった。

 

f:id:yuzen26:20150511214125p:plain

ワンダーフリックR

 

ぼくの知ってる中でも、スマホゲームの中でも恐らく最初に3Dキャラを作ったのではないでしょうか。実際はわかりませんが、ジャンプでこのゲームの広告を見たときに「うわっ!すげえええええ」ってなったのを覚えています。今では、白猫プロジェクトやポイッとヒーローなどで3Dキャラがスマホで動いてますけど当時は、ただの携帯なのにこんな表示まで出来ちゃうのかと驚いた。初めてスマホゲームでスタートダッシュを決めれる作品だった・・・はずだった。

 

 

延期

サービス開始の日をワクワク待って、いざサービスの日を迎えたと思ったら「延期」。まーよくある話ですね。サービス開始まで待ちましょう。待って待ってやっとサービスが開始!・・・延期「・・・はっ!?」この後サービス開始が延期!延期!延期!とどんどん伸びてきます。公式ツイッターが荒れた記憶があります。延期をずっと繰り返してきてやっと正式にサービスが開始されるも重い。ものすごく動作が重い。すぐメンテが入ってまた遊べない日々が始まりました。延期とメンテばかりで遊べずそのままワンダーフリックをアンインストールしました。

 

思い出がねぇ・・・

 

絶対パズドラに続くゲームになれたよ

あの時期にワンダーフリックをちゃんとした状態で出せれてたら絶対人気でたと思うんですよ。一応300万DLはあったようですけどもっと売れたと思います。今人気の白猫プロジェクトの元祖みたいなもんでしょ。メーカーもレベルファイブだし。化けれたと思うんですけどね。ワンダーフリック知らない人もいると思うので下のPV見てください。これ2013年のスマホゲームですよ!ヤバいでしょ。

 

 

 

まとめ

ワンダーフリックってサービス開始前が1番盛り上がってましたね。皆がサービス開始を待ってて皆がサービス開始の延期にキレてました。これもう1度作り直してタイトルも変えてスマホゲームを作ってくれないかなー。

 

あっ、でも家庭用版ワンダーフリックも発売延期してるみたいだし・・・もう無理か。

 

www.inside-games.jp

 

広告を非表示にする