読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暑い夏に向けてパニック障害の人が持っておくべきアイテム6個


 パニック障害の人で特に夏が苦手な人も多いのではないでしょうか。僕も夏が苦手です。暑さで息苦しかったり暑くて寝れずに寝不足によって不安感が出たりしてそれが誘発してしまう人も多いでしょう。今回はパニック障害のぼくが今まで読んできた本などからコレ良いなと思ったものをここに書きます。

 

 

パニック障害の人が持っておくべきアイテムを紹介

 

 

輪ゴム

パニックになりそうな時に、この輪ゴムを使います。腕に輪ゴムを引っ掛けておいて「嫌な感じがするな」と思ったら輪ゴムを引っ張って腕にパチン!とします。痛いですね。この痛みによって不安感を紛らわします。ちなみにこれは輪ゴムではなくて指でつねくったりでも構いません。ぼくは輪ゴムをしてないときは親指の爪で人差し指の腹の部分を刺します。不安を痛みに変えてあげます。

 

共和 ゴムバンド #16100g GG011

 

 

己の指

これはアテイムではありませんがツボ押しです。手のひらの真ん中あたりをギューッと押します。細かく見たい方は下のサイトに写真付きで解説されてます。

 

怒り、疲れ、不安を癒やすツボとは? | マイナビニュース

 

一目でわかる! 必ず見つかる! ホントのツボがちゃんと押せる本

 

 

保冷剤

アイスやケーキを買った際に貰えたりだとかするあの小さな保冷剤。これ結構使えます。暑い季節にクーラーが効いてない部屋に人が何人もいると息苦しいですよね。そんなときにこの保冷剤を首、脇の下、膝の裏にくっつけると気持ちが良いです。

 

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 アイスポケット200

 

タオル

保冷剤を直接体に使うのは見た目が悪いという方はタオルで保冷剤を巻いて鞄の中に入れておきましょう。できれば袋にも入れておくとべちゃべちゃになりません。そして暑くて苦しいなーと思ったら鞄から保冷剤を巻いてたタオルを引っ張ります。タオルは保冷剤によってカチコチに固まってますがすぐ溶けます。それを首に巻いたりおでこにくっつけても良いですね。汗を拭くフリをしながらでもOK。とても気持ちが良いと思います。

 

カラフルロングタオル5色組

 

 

GATSBY

ボディペーパーのアイスタイプがおすすめ。本来は汗の体のベタつきを取る為のやつですが、暑い日に使います。吹いた後に体がヒンヤリとするのが良いですね。ただこれを人ごみの中で使うと臭いも結構するので迷惑になるかもしれません。場所を選びましょう。

 

GATSBY(ギャツビー) アイスデオドラント ボディペーパー アイスシトラス 徳用 2個セット 30枚×2 (医薬部外品)

 

 

携帯できる好きな物

好きな物を1つ自分の中で決めてそれを持っておきましょう。ぼくの場合は読書が1番集中できます。電車の中で読書をしていると人ごみやら閉鎖場所やらを意識しなくなってきますね。電子書籍で読んでる為、片手は常に空いてるのがまた安心できます。後これはぼくだけかもしれませんが、両手が塞がってるとパニックの症状が出やすい気がします。ですので電子書籍であれば片手で簡単に読めるというのも合ってるんですね。

 

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、電子書籍リーダー

 

 

 

まとめ

以上です。事前に暑さ対策をしておけば安心です。準備をするだけでもパニックになる確率は下がるでしょう。暑いと思ったらすぐに体を冷やして落ち着かせる。不安感が来たらそれを痛みに変える!そして好きなことに集中しましょう。後は、薬を御守り代わり持ってる人はそれも持っておきましょう。

 

ついでに寝不足もパニック障害には悪いので、寝つきをよくしてちゃんと睡眠を取りましょう。

 

souzousuru.hatenablog.com

 

広告を非表示にする