読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年越しの瞬間と誕生日はドキドキします


今日、スポーツニュース「Going!」を見ていたら江川卓さんが還暦の誕生日ということでお祝いされてました。それを見ていたこちらもドキドキしましたね。1分前からカウントダウンが始まって「3!2!1! おめでとうございまーす!」パチパチパチ

 

カウントダウンって何かドキドキしませんか?いつもなら無駄に使ってる時間をカウントダウンされると1秒1秒を大事にしようと思うのかハラハラドキドキします。不思議ですね。締め切りがないと何もしないのに締め切りがあると真面目にやるのと一緒でしょうか。なんか違いますね。

 

そもそも年越しの瞬間と誕生日の日付になる瞬間がぼくは苦手です。嫌いです。年越しの瞬間は「あー今年も終わってしまう!何かやり残したことはないか!?もう2014年というのは帰ってこないんだ!どうしようどうしよう」となりますし誕生日の日付になる瞬間も「あーこの歳でやり残した事はないか?どうしようどうしよう」となります。

 

 

 これ周りに言っても誰も共感してくれないんですよね。

 

このどうしようどうしようは、もしかしたら心のどこかにしまったやり残した事があるのかもしれない。そして毎年年越しや誕生日で区切りが出来た時に「明日からは本気だそう」「今年こそ◯◯しよう」みたいな事を思うからダメなのかもしれない。次の日には変わった自分になってやると思ってスタートダッシュをキメようとするから失敗してズルズル引きずって後悔に繋がるのかもしれない。

 

じゃーどうするべきか。ぼくは「目標」とかを決めるのは大好き。目標を決めてる時が1番モチベーションが高い。これがまずダメですね。目標を作ってる時がモチベーションが1番高いからそこから維持できずにその目標は自然消滅していく。

 

誕生日まであと1ヶ月。来年まで後半年。よーく考えておきます。

 

広告を非表示にする