「バディストライク」第3話 怪物1年生スラッガー相手に (ネタバレあり)


バディストライク3話では、強豪横浜青龍高校の怪物1年生スラッガー猪熊と1打席勝負をすることになった主人公リョウと死神キャッチャー要。ここでリョウがなぜノーコンなのかが明かされる。

初球を外角低めに要求した要に対してリョウは逆球を投げてしまう。それに死神の要さんがお怒り。

da1de9d6.jpg

 
リョウがなぜノーコンなのかを語るお友達のメガネ君(名前忘れた)
詳しくはジャンプで読んでもらいたい。

26de27e5.jpg

 
そして2球目

審判「ス・・・ストライッ」 

140キロの速球をストライクゾーンに投げることが出来た。ここで要がニヤリ。

僕「うわっ!また簡単にストライクゾーンに投げたで!」
さすが投手の力を最大限引き出すことが出来る死神キャッチャー!と言うべきか・・・。ちょっとさすがに都合が良すぎるだろとツッコミたくもなる。でも速球ノーコンピッチャーもたまに良い所に投げるだろ!と言われればそうなのでまだ理解できるしOKOK。


3球目、スラッガー猪熊に打たれた!と思いきやリョウのグラブの中に。見事勝利・・・(リョウ要バッテリーは完全に打たれたという意味で落ち込む)

その後、メガネ君に言われる。「組むの?」

9480b8ea.jpg
 

こうして(詳しくはジャンプで)何だかんだ色々ありましたが正式にバッテリーを組むことになった疫病神ピッチャーリョウと死神キャッチャー要。そして高校はどこに行くのか?メガネ君に聞かれ「あっどうしよう」みたいな感じで終わる3話でした。 

4話では受験の話を描くのかもう高校生の話になるのかは分かりませんがこれ面白くなるんじゃないか?って凄いワクワクしているのは僕だけでしょうか。弱小高校の野球部に入ってそこから強くなっていく・・・みたいな話になるのかな?早く続きが読みたい。
 
広告を非表示にする